*--旧・縁側な日記--*
07年05月~07年07月

※洋画は茶色、同人は紺色、ゲームは緑色で表示してます。

改装完了(^o^)/
名付けて『PSPゲット記念改装!』(爆)。連休に何処もお出かけできなかった代わりに、黒ヒョウさんにPSPを買ってもらいましたよ♪ いや、出かけられなかったのは台風のせいで、黒ヒョウさんに責任はないのですが(^^;; ともあれ、日記しか更新していないので、ブログをメインにしてみました。記事が増えたら、それぞれのカテゴリ別にサイトにUPしていこうと思っています。それまで、ご不便をおかけするかもしれませんが、ご容赦下さい。
さて、PSPなんですが、とりあえずソフトは「サルゲッチュP」と黒ヒョウさんの「囲碁」だけです。元々PSPが欲しかったのは、パイレーツのゲームをやりたかったからなんですが、そっちはDSでクリアしちゃったしなぁ(^^;; まぁ、サルをゲッチュしつつ、他のゲームも探そうと思います。黒ヒョウさんはPS3、りちゃはWiiが欲しいと言ってるんですが、はたしてどっちがいいのかなぁ~(^^;;
2007年07月18日(水)


「ああ、崖から落とすやつね」(黒ヒョウさん談)
今日はレディースデーだったので、映画観てきました。それが↑。「300」の事であります。某TV番組で「ひ弱な子供を崖から落として、這い上がって来たら戦士として育てる」とかなんとか、“スパルタ”教育の語源を解説していたのが余程印象に残っていたんでしょうか(苦笑)。いやぁ、凄い映画でした。とにかく、ビジュアル的に凄いです。300人のパンツ一丁のマッチョメンと言うだけでも充分凄いんだけど、殺陣シーンの魅せ方の凄い事! これはやっぱり大きなスクリーンで観て正解でしたね。ばったばったと敵をなぎ倒す動きの連続やマントのなびき方、スローモーションと早送りの絶妙な組み合わせ方、「これはマッチョ版LOTRかよ、愛しいしと!(´Д`;;)」と突っ込まずにはいられない敵の“不死の軍団”(味方に執政の次男坊もいたしなぁ……)、etc.etc。もうね、ストーリィなんてどうでもいいです。映画ならではのド派手さに大満足ですよ! エンドロールがやたらアメコミっぽいんだけど、『原作者フランク・ミラー』と出てきて、「ああ」と、声に出しちゃいました。原作はアメコミだったのかぁ~!(知識ゼロで行ったから、いろいろビックリ) これだったら、もう1回黒ヒョウさんと観に行ってもいいなぁ……でも、彼は嫌がるだろうな(^^;;
2007年07月12日(木)


 ゼルダ砂時計、クリア!
昨日、漸くラスボスを倒しましたー! 最終決戦だけで3日かかってしまいましたけど(爆)。攻略サイトに頼らず、自力でクリアだー! わーいわーい\(^o^)/ 感動のラストシーンも堪能。いやー、リンクかわええ♪ しかし、最後までゼルダ姫は出てきませんでしたね(笑)。いや、テトラはいますけど、姫の格好には1度もなりませんでした。これで、タイトルにゼルダと付けるのは如何なものかと思いますが、CGの『風のタクト』のまんま続編だから(舞台設定もキャラもまるっと引き継いでる)、今回ゼルダが出てこなくてもいいのかなぁ(^^;; CGの『トワイライトプリンセス』もゼルダ姫の存在感希薄すぎだったし、そう言えば64の『ムジュラの仮面』も、どこが「ゼルダ」やねん!って内容だったなぁ……(笑)。ともあれ、『夢幻の砂時計』は小さな画面の中でタッチペンだけでの操作にもかかわらず、冒険と謎解きの要素は充分にゼルダでしたよ(^-^)/ さー、残りのアイテムと宝物の引き揚げに精出そう。まだまだじっくり楽しめそうですo(^-^)o
2007年07月05日(金)


 DS三昧
先月買った海賊第三作目のゲーム、なかなかクリアできません。どうもマ○オとかによくある「横に走って連続で足場にジャンプして移動」と言うのが苦手で、“足場に届かず落下、最初からやり直し”で、同じシーンばかり3日もやって、正直 飽 き た ワケです。で、翌週ゼルダの『夢幻の砂時計』を購入。こっちを進める事にしました。こっちも「横ジャンプ移動」はあるのですが、海賊みたいに「1回失敗したらまたステージの最初からやり直し」ではなく、その場から再トライ出来るので、何とかクリアを重ねる事ができました。で、今3つ目の「ハガネ」を探しにゴロン島まで来たんですが、どうしても先へ進む為のアイテムが見つからないんですよ。「困った時の攻略サイト」と、いつもお世話になってるサイトさんへ行って見たら……まだ序盤から進んでないよ_| ̄|○ 攻略サイトの管理人さんは、ゲームのプロと言う訳ではなく、お仕事などの片手間にゲームやって、自身の経験で攻略を書いて下さっているので、購入から丸1日ゲームに没頭しているヒマなニート主婦の方が進めてるのは当たり前ですね(^^;; と言う事は、今回は攻略サイトに頼らずクリアできるかも?! 「いや、ゲームってフツーそうやって遊ぶものだから=3」って黒ヒョウさんに呆れられちゃいましたけどね(^^;;
2007年07月02日(水)


 海賊吹替版
黒ヒョウさんと行ってきました。ジョニーの吹替えしてる声優の平田広明さんの声、好きなんですよ~。吹替えだし、日曜日だから子供が多いのは覚悟していたのですが、意外とカップルとかも多くて、こちらも年齢層広い客層でした。で、ストーリィはもう字幕版観てるから判ってはいるんだけど、最後まで黒ヒョウさんとは会話なし。最初から最後まで引き込まれてました~。平田さんの声は素敵だったんだけど、全体的に字幕に比べるとセリフを意訳しすぎで、直訳だからこそ面白かったセリフも普通の会話になってしまってがっかり。特に、ラストのボッさんの猿に対するセリフは「字幕の勝ち! T田N津子訳だけど(爆)」と、叫んじゃいました。これ、後日友人とも意見が一致しましたねー。と、言う訳で、もう一度字幕版を観に行こうと思います。
ところで、指輪やらSWやら、映画館へ足を運ぶようになって3部作ものを見る機会が増えたんだけど、3作全部を映画館で観たのは、海賊が初めてなんですよ~! 意外でしょ。指輪もSWも1作目をDVDで観てから、続編を映画館で観てるんです。今思うと勿体無い~爺バトルや我侭マスターを大画面で拝みたかったなぁ~(>_<)
2007年06月03日(日)

 世界の果てまで行ってきた!
海賊映画、初日に行ってまいりました! 名古屋駅前に新しく出来たばかりのシネコン、全席指定制のせいか平日だったせいか、立ち見もなく、予想したほどの混雑もありませんでした。テスト期間中で半ドンらしき高校生グループ、若いカップル、暇そうな主婦(りちゃもだ)、老夫婦…と、意外とお客の年齢層が幅広かったのにもビックリ。てっきりジョニー目当ての若いお姉ちゃんまみれだと思っていたから……(^^ゞ そんな中で、前作ラストで衝撃の登場を果たした「ボッさん」ことバルボッサ目当てなのは、自分だけだと胸を張ってたんだけど(^^;; ロビーに飾ってある映画ポスター、人目も憚らずしっかりボッさんだけ写メっておきました。オヤジ萌え~! さて、映画の方はかなり面白かったです。ややお子様向けな印象だった1&2作目に比べると、かなり大人向けじゃなかろうか。ネタバレになるので多くは書けませんが、とにかくオヤジてんこ盛りで、りちゃ的にはうっはうはな内容。ボッさん大活躍に加えて、キースリチャーズ登場で、悶え狂っておりました。ごめん、ジャックは好きだけど、今回はボッさん一筋でいかせて!(何処にだ?!) ストーリィはハラハラドキドキの連続で、CGも物凄いし、何度も声を上げそうになっちゃいました。これから観に行かれる方への注意点。1.前作、前々作を観ていくことは勿論ですが、ほんのチョイ役でも記憶に留めておくこと。1作目からの複線も多いです。2.今回もエンドロールの後におまけがあるのですが、おまけというよりは「本当のラストシーン」とも言えるので、最後まで席を立たないように。エンドロールはかなり長いですが、今日は観客の2/3は残ってました(笑)。
2007年05月25日(金)


ログ(右に行くほど古いです)/ [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

新・縁側日記