North-West Smith דSKYRIM”

スミス in スカイリム


最近のゲームは、自分で好きなようにキャラクターを設定でき、
ゲームをプレイしながら好きなキャラのアニメを
見ているような気分が味わえてサイコーですね☆

と言う訳で、高校時代からハマっていたC・L・ムーア原作の
ファンタジー小説の主人公ノースウェスト=スミスが、
『SKYRIM』の世界にやって来たら……?
と言うテーマでロールプレイ始めました。


キャラクター設定

主人公ノースウェスト=スミスはベルトに下げた熱線銃を武器に太陽系の星々を流れ歩く無法者。長身で体格が良いので、北の極寒の地の誇り高き戦士ノルド族に設定。ちゃんと顔に傷も付けました(左頬です)。熱線銃の代わりに剣と盾で戦います。
スカイリムでの彼は、内戦に乗じて世界中を支配しようと企んでいるエルフの組織「サルモール」に指名手配されているお尋ね者。しかし彼は、世界を破滅させるドラゴンと戦うことのできる伝説の勇者「ドラゴンボーン」でもあるのです。


そして、スミスと言えば、忘れちゃいけない相棒のヤロール。彼をスミスのフォロワー(自分ではプレイできないけど一緒に戦ってくれるコンピュータ任せのキャラ)にしました! 顔は天使、心は悪魔、口が達者で手癖が悪い小柄な金星人。金髪でとんがり耳なので、エルフでキャラメイクしてみたのですが、スカイリムのエルフはなんか昆虫?みたいな顔なんですよね~(><; なので、小柄&金に汚いと言うインペリアルにしてみました。弓とダガーで器用に敵を翻弄します。ダガー二刀流のアクションもなかなかカッコ良いのでお気に入りです♪

反乱軍派のノルドと帝国軍派のインペリアルのコンビってなんか仲悪そうですが、社会情勢なんか気にしない、遺跡や山賊の隠れ処に隠された金貨や宝石や財宝を求めてスカイリムを放浪する無法者の賞金稼ぎコンビってイメージでプレイしています。


パソコン版『SKYRIM』は、プレイヤーが作った非公式プログラム(MOD)がたくさん作られていて、無料で自分のゲームに取り込むことができるのが魅力。顔や髪形など基本的な改造から、衣服、武器、持ち物や、家や要塞、町を丸ごと一つ作ってしまうことも可能です。そのお陰で、かなり理想のキャラクターを作ることができました。このMODが無かったら、ここまでこのゲームにのめり込む事は無かったと思います。そして、反乱軍か帝国軍に入隊して内戦を終わらせ英雄になるか、人類を滅ぼすために復活した伝説のドラゴンを倒して世界を救う勇者になるか、盗賊ギルドのボスになって世界を裏側から操るか、はたまた魔法大学の学長となって最強の魔法使いとなるか……ここではとても書ききれないほどのストーリィが用意されているのですが、それを全く無視してのんびり足の向くままに旅することも可能な素晴らしいゲームです! なので、実際発売から丸三年が過ぎても、今なお新鮮にプレイを楽しんでいるし、こうしてロールプレイを思いついたわけなんですけど。


こちらの使用MODは、髪型・顔美化の他に、帽子、マフラー、リュックサック、マント、腰に下げたランタンです。MODの衣装は現代風の衣装や、どう見たって常夏リゾート用のビキニだろってお色気重視の鎧とか、別のゲームで人気のあった装備のコピーとか、スカイリムの世界観にそぐわない物が多くて、自分ではそれらを着てプレイする気にはならなかったんですが、ここでご紹介しているものは、ゲーム内にある素材を組み合わせたデザインで、世界観を壊してないのがgood。


後姿がハーロックとトチローのようだ(*´Д`*)
ヤロールの身長は、自分でプログラムをいじって少し小さくしてます。原作の小説のように、華奢で色白で、女の子に間違われそうな外見とは裏腹に、残忍で血の気の多い性格にできました。髪を巻き毛にできなかったことだけが残念です。そして、スミスはプレイヤーの腕に準じてヘタレ気味、ヤロールにかなりサポートしてもらっています。その辺も原作通りで……満足です(笑)。


2人はスカイリムの宿屋を転々とし、酒場で噂や情報を集めては山賊や魔法使いを退治して賞金をもらって生活しています。その他にも度々襲ってくるドラゴンを退治して、ドラゴンの骨や胃袋の中?にあった宝石や高価な武器などを売りさばいています。しかし、時々この世界にちょっかいかける悪い神々(デイドラ)から奇妙な世界に引き込まれたり、無理難題な冒険を強いられたりすることがあります(原作のスミスっぽいですよね)。その見返りに魔力の籠った武器をもらえるのですが、数こなしているうちにだんだん荷物が重くなってきました。そろそろどこかに家を買って、武器保管庫を活用した方が良いのかもしれません。



「何で敵の砦に真正面から突っ込むかな~? 俺が崖の上の弓兵を倒したからよかったものの、あのまま突っ込んで行ったらアンタ、ハリネズミにされてたぜ? 脳筋プレイもいいけど、少しは頭使えよな?」、「……すみません、反省してます」、「じゃあ、今夜の飲み代はアンタのおごり、な。おーい、ねえちゃん、ハチミツ酒追加!」……みたいなシーンが撮れました。基本、プレイしているキャラは喋りません。その代わり、こうやっていろんな会話を想像しています。それが更に自由なストーリーに広がるので、ますますロールプレイが楽しくなります。


ジレル in スカイリム
スミス&ジレルFC“Virgin Solder”
会誌『Maiden』にてロールプレイを
もとに小説を連載する予定です。
ジレルは、スミスと同じ作者C・L・ムーア原作の
ファンタジー小説『ジョイリーのジレル』の主人公で
鎧に身を包み、勇ましく戦う中世の女騎士です。
スミス同様しょっちゅう異世界に迷い込む彼女が、
スカイリムに迷い込んだら……?? 読んでみたいと
思われましたら、りちゃまでお問い合わせください。


The Elder Scrolls V:SKYRIM
製作:Bethesda Softworks
2011.11.11.発売(米国)
注・CERO:Z区分(18禁)

使用MOD
ApachiiSkyHair(by Apachii)
WSCO - Windsong Skyrim Character Overhaul(by Windsong)
Vampire Hunters Coat WIP(by KnelTotenschwur)
Skyrim Scarves and Mufflers(by cmdo)
Knapsack Backpacks(by drsoupiii)
Cloaks of Skyrim(by Noodles)
Wearable Lanterns(by Chesko)



戻る



スカイリム SKYRIM プレイ日記
陽の当たる縁側



禁・無断転載/ALL RIGHTS RESERVED