Rockin' Roadのイラスト

ラリィとクリス

(1995年12月)

この「ブラッディ・サーカス」はじめ、りちゃの描く創作バンドは、
80年代のロサンジェルスで流行した「L.Aメタル」と呼ばれる、ちょいと
女の子ウケする(笑)ヘヴィメタ・バンド達がモデルとなっております。
80年代なんて既に前世紀なので、ご存じない方ばかりでしょうが(涙)。
ガタイの良いガイジンにーちゃんが髪を肩より長く伸ばして、バリバリ
厚化粧とスパンコールとひらひらいっぱい付いた衣装を着てまして(^^;;
厚化粧と言っても、おかまっぽいものではなく、アメリカ西海岸の陽気
さながらに「エッチしようぜ~、あはは~♪」なんて女の子をノー天気に
口説く健康的な連中が揃ってました。90年代に入ると共に廃れていって
しまったのですが、おっかけまでしていたりちゃは、どーしても彼等の事が
忘れられず、作品に生かしておるのです。単なる懐古シュミの表れですが、
暖かく見守ってやって頂けると、嬉しく思います(^^;;


日系人ギタリスト・ジェイク

(1995年12月)

このジェイクブラッディ・サーカスの中で一番地味なキャラのはずなのですが、
何故か友人達の間ではダントツの人気を誇り、「彼のお母さんは京都の老舗旅館の
一人娘で、無理矢理お見合いをさせられるのがイヤで、夢の実現の為に単身渡米し、
シングルマザーとしてジェイクを育て、苦労の末に大富豪の後妻になったのよ」とか、
どんどん話が膨らんでいきました(笑)。その大富豪の息子で金髪碧眼の美少年で
性格も優しい義兄のランディが、事故で死んでしまうのですが、ジェイクはランディの
死後も未だにコンプレックスを引きずっていると言う、とてつもなく暗い性格なのですが、
そこが母性本能をくすぐるのでしょうか(笑)。ブラッディ・メンバーの中で唯一の
妻帯者ですが、奥さんはランディの一人娘で、8歳の頃から「ジェイクのお嫁さん」を
公言していたので、ジェイクは仲間内で「犯罪者」とも呼ばれていたと言う……(苦笑)。


クリスとラリィ

(1995年12月)

色々と描いたクリス&ラリィのイラストの中で、これは一番のお気に入り。
ラリィはいつ描いてもふてくされた顔になってしまうのですが、クリスと
めでたくカップルになってもふてくされています。照れ隠しでしょうか(笑)


猫耳クリス(^^;;

(1992年3月)

実際、クリスに猫耳や尻尾はありませんが、なんとなく(爆)。
「Rockin' Road」vol.2発行後に会社で描いたものですね(^^;;
仕事の合間に万年筆でちまちまと描いていた記憶があります。


エメラルダス

(1996年?月)

かなり前に描いたイラストですが、発表の場がなくてず~~っと
お蔵入りしておりました。ようやくお披露目できます~(^^;;
ジルとナンシー。ナンシーの髪型がラリィと同じなんですが、
まぁ当時はLAで流行りの髪形だったし、許して下さい。
……てゆーか、キャラのバリエーションなさすぎ_| ̄|○


Bloody Circus
         (2000年4月)


ブラッディ・サーカスの初カラー。
初めて輪郭線のみをスキャナーで取り込んで
レイヤーごとに色分けして塗りました。
それまでは取り込んだ白黒イラストの
スクリーントーンや効果線部分を一本ずつ
消しながら輪郭を整理していたので、すごく
時間がかかってたんです。こうしてみると
なんか、アニメになったみたいで1人で悦に
入ってます。しかし、メンバーの服の色が
イマイチだし、金属や革の質感などもっと
勉強が必要ですね……と、自己批評(^_^;


シーラ

(2001年12月)

5年以上前の白黒イラストを彩色しました。一応、ジェイクの幼な妻
シーラちゃんです。クリスマスパーティの会場で待ち合わせ……の雰囲気で
描いたのですが、そんなシチュエーションは無視してやって下さい(苦笑)。
5日もかけて塗ったのに不本意な仕上がりです。精進が足りない~(ToT)


戻る


禁・無断転載/ALL RIGHTS RESERVED