アウトサイダース

洋楽を聴くようになって初めてファンになった、とあるバンドをモデルに
創作したバンドです。りちゃがファンになった翌年、メンバーの1人が
死亡し、それがキッカケでおっかけも出来ないまま解散してしまった
という悲しい思い出があります(ノд`) そんな訳で、そのバンドへの
想いを託して作ったのが、このアウトサイダースです。
物語の中でもメンバーの1人が病死するのですが、残された仲間が
力をあわせて悲しみを乗り越え、夢を実現させていく友情物語です。
* * * * *
時代背景は、まだまだ「ロック=不良」と思われていた70年代後半。
イギリスの田舎で、古い慣習にとらわれた学校生活に不満や疑問を抱いて
いた高校生3人組が、学校で無許可のライブを行い、退学を食らって
ロンドンへやって来ます。そこで、新たに2人のメンバーを加えて
「アウトサイダース」を結成、ライブハウスで演奏を続けるうちに、
女の子を中心にファンが急増、メジャーデビュー目前となった時に、
メンバーのニックが白血病の病魔に侵されている事が発覚する――!!

ボーカルのマックスはバンド一の美形。腰まで伸ばした
自慢のプラチナブロンドの髪を少しでも傷つけられると逆上する、ナルシスト。

作詞作曲を一手に引き受けているバンドリーダーでギタリストのアルは、
18歳なのにやたらとシブくて頑固親父的存在。酒と煙草がないと生きていけない。

もう1人のギタリストステインは自由奔放でワガママで超マイペース。
いつもアルに怒鳴られ、ヘラヘラと返している。アルとはある意味究極の漫才コンビ。

最年少のベーシストサミィはマザコンを返上する為、家出してロンドンへやって来たが、
実は大富豪のお坊ちゃん。世間知らずで泣き虫。アルと同居している。

ライヴハウスに住み込みのドラマーニックはバンド最年長の頼れる兄貴的存在。
自分の病気を知っていて、夢に向かって完全燃焼を誓っている。
* * * * *
初めから「病死する」事を前提にキャラ作りをするのは、正直、とても
辛いものがありました。それだけに、心を込めたつもりです。
同じバンドのファンでもあった当時の友人Mちゃんとアイディアを
出し合って設定を作りました。Mちゃんとは今は交友がありませんが、
彼女の作ってくれたキャラもそのまま活かして描きたいと思ってます。




戻る

禁・無断転載/ALL RIGHTS RESERVED